第5回研究会の開催予定(7月31日)

第5回研究会を以下の通り開催いたします。ご関心をお持ちの方は、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

  • 日時:2021年7月31日(土) 9:00-12:00

  • 場所:Zoom会議室

  • テーマ: 報告1:近江加奈子さん「自律的な発展とは」(仮) 報告2:大山貴稔さん「平和国家の生態史:戦後日本の対外関与のつくられ方」(仮)

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第4回研究会の開催(2021年5月30日)

【はじめに】 まず、下村先生をインタビュー対象とするオーラル・ヒストリープロジェクトの進捗共有と本研究会に新たに参加した方々の自己紹介が行われました。それに続いて、3つの報告(佐藤仁先生『開発協力のつくられ方:自立と依存の生態史』;高橋基樹先生「国際協調か、固有性の侵害か?:日本のODA史への援助協調の影響」;汪牧耘さん「もう一つの普遍性:開発学の『自己本位』に向けて」)をめぐって、質疑応答が繰り

第3回研究会の開催(2021年3月20日)

【会の概要】 今回の研究会では、この研究会の中核に据える問いの設定と今後の進め方について議論が行われました。会の冒頭では、会の目的、これまでの議論の振り返りと共に、参加メンバーから事前に寄せられた日本の開発協力に纏わる素朴な「問い」を整理した結果について大山さんが全体に共有しました。その後、今後掘り下げるべき問いは何か、抜けている視点はないか、オーラルヒストリーの対象の選定、インタビューせずとも答

第2回研究会の開催(2021年1月24日)

【はじめに】 まず、研究部会代表の佐藤仁先生より、本研究会の目的としてODAに関する歴史研究を本格的に行うことに関する説明がありました。 【第1部:下村恭民先生の『日本型開発協力の形成』に関するディスカッション】 今回の研究会は二部構成となっており、第一部は下村先生の2020年のご著書である『日本型開発協力の形成 政策史1・1980年代まで』をもとに討論を行いました。 まず、下村先生から本書のメッ